同窓会で久しぶりに会った先生は私のことを覚えていてくれた

卒業して10年後に同窓会が行われました。

友達に会うのも楽しみでしたが、
1番楽しみにしていたのは担任の先生に会うことでした。

学生当時は、先生に色々相談に乗ってもらっていました。

成長した私を見てほしいと思ったからです。

先生は、私のことをよく覚えていてくれました。

私は、就職し何事にも積極的になりました。

今までは内気で恥ずかしがり屋でしたが、
明るくなった私のことをほめてくれました。

同窓会で先生に会うと、学生のころの気持ちに戻ります。

つい、先生に弱音を吐きたくなります。

この日初めて先生と一緒に飲みました。

大人になったような気がしました。

先生は大きな力を持っています。

友達も同じように感じたそうです。

しかし、先生が年を取ってきたのが髪の毛を見て顔のしわを見て感じました。

少し寂しい気持ちになりましたが、
変わっていない笑顔と声に癒されました。

友達はアルコールを飲んでいなかったので、
帰るときに先生を一緒に駅まで送っていきました。

やっぱりとっても綺麗だった中学校の時にお世話になった先生

20年振りに中学校の同窓会がありました。

当時お世話になった先生は、
女性の先生で綺麗な人でした。

その先生はクラスの悪い男子生徒からからかわれたり、馬鹿にされていました。

しかし私はその先生が好きでした。

久しぶりに逢ったら、
中学の時と比べてあまり変わりがなく嬉しかったです。

また、当時の楽しい思い出が甦って来ました。

同窓会の途中で用事があって先生だけ早く帰られました。

同窓会では当時先生をからかっていた人が何名かいて話をしました。

驚いたのが皆一同
「その先生が好きだった」
「綺麗で良かった」と言っていたことです。

その言葉を聞いて私は言いませんでしたが
「じゃあ、なぜあのときバカみたいにからかっていたんだ」
と不思議に思いました。

そのあとで分かったことがあります。

それは、思春期特有の屈折した感じで、
好意がある人をからかったり苛めたりする感じです。

私にも経験があってそういうことかと腑に落ちました。

まだあれから先生とは会っていませんが、元気だと思っています。